モバイルフレンドリーテストで確認できる内容

テストで「問題ありません」と言われた場合は、ほぼ現状のままで良いということになりますが、「モバイル フレンドリーではありません」と言われてしまった場合はまず何がいけないのかをチェックしてみましょう。

ただし、古くから、つまりスマホをまったく意識しないで作成したHTMLのページの場合は、いくらここをチェックしたところで、根本的に、あるいはあまりに多くの問題点を含んでいるため、チェックをしても無駄、という場合もあります。たとえば

「ページがモバイル フレンドリーではないと判断される可能性のある理由」

の項目に3つの問題が表示され、

テキストが小さすぎて読めません

リンク同士が近すぎます

モバイル用 viewport が設定されていません

となっている場合。

この問題を解決するためには、HTMLによる全体のデザイン構成や、配置はもちろん、CSS(表示の装飾のコード)の編集が必要です。

なにより、それだけを変えてもそもそもアクセスしてきたユーザーがパソコンとスマホのどちらからかを判別し、切り替えるという仕組みがないと、今度はスマホ用の表示画面をパソコンにも表示することになり、今度はパソコンから見にくいページになってしまう可能性もあります。

では一体、どう対応したらいいのでしょうか。

モバイルフレンドリーテストの結果ページの、画面右側にある「次へ」ボタンをクリックしてみるとその対応策が表示されるので、まずは確認して見ましょう。

するともしあなたのサイトが「WordPress」で作られている場合は、テーマをスマホ対応のものに切り替えるように指示が出ると思います。

しかし実際のところ、WordPressのテーマはここ最近、デフォルトのテーマもほとんどがスマホ対応になっているので、現実的にWordPressで作成されたサイトのほとんどは、モバイルフレンドリーテストに合格しているはずです。

対応していないパターンの多くが、有料で購入したものを含め、古いテーマを使っているケースと考えられます。

この場合は、思い切って新しくスマホ対応のテーマに切り替えましょう。