何故スマホ対応が求められるのか

今さら言うまでもないことですが、従来のパソコン表示を前提としたコンテンツは、画面が小さいスマホで表示するととても読みにくいからです。

もちろんデザインによっては画面をダブルタップして拡大すれば読みやすくなる場合もありますが、ほとんどのサイトはこのような「拡大」するための操作が必要で、ユーザーにストレスを与えてしまうんですね。

実はWEBページのスマホ対応は、随分と前から課題となっていました。

しかし、実際にこれまでのWEBページ、特に「HTML」で作成されているページは、スマホ対応するためにかなり手間がかかり、業者に依頼すると結構なコストが発生するため、あまり進んでいなかったんですね。

しかしここに来て、Googleがこのような宣言をしたために、一気に慌てふためいてスマホ対応が叫ばれるようになったんです。

スマホで読みにくいWEBページの評価が下がる=検索順位が下がるというのは、検索エンジンからWEBページへやってくるユーザーが減るというわけで、これは大問題なんですよね。

ではどのように順位が下がるのか?

まずひとつ言えるのは、Googleも明言していますが、スマホ対応によって変化する検索順位は、スマホで検索された場合の話で、パソコンからの検索は従来の表示順位で表示されます。

ですから、いままでパソコンメインで検索されていた場合は、あまり大きな影響はない、といえるでしょう。

とはいえ、平均的なアクセスの種類の割合は、現在スマホからのアクセスが半数を超えていると言われているので、一般的には影響を受けるケースの方が多いと言えます。

では次に、実際に自分のWEBサイトがGoogleからどのように見られているかを確実にチェックする方法を説明します。