更に言えば見た目も大事です。

WordPressの見た目、すなわちデザインもまた、テーマによって決まります。

それだけでなく、例えばテーマを「カスタマイズ」したり、ヘッダーの画像が閲覧者に与える印象、ブランディングの要素も重要になってきます。

その他にも、検索エンジン対策に必要な設定や「プラグイン」での機能の追加など、現実に即した各種施策を行っておけば、その後はWEBブラウザーで定期的な更新が可能で、「強い」WEBサイトを運営することが可能となります。

初心者向けのWordPress書籍を書いているので、WEBサイトを作るだけが目的であれば、そちらの本を読んでいただけば、それは可能です。

しかし、更に一歩踏み込んで、検索エンジンやソーシャルメディアと連携し、確実に集客するためのWEBコンテンツをつくりたいのであれば、個別の施策や設定が必要となってきます。

実際にWordPressでサイトを作った方なら、そのあたりの感覚は肌で感じていらっしゃるかも知れませんね。

そういう方のために、

「著者が直接指導するWordPressスクール」も用意しています。

現状は名古屋を拠点に開催していますが、ご要望に応じて全国各地で対応しますので、まずはお問い合わせください。

こちらのレッスンでは、レッスン生のスキルに応じて1日のレッスン+半年間のメール(またはSNS)サポートを実施し、確実に集客できるWEBコンテンツを完成させます。

レッスンの詳細などは、こちらのページを参考にしてください。

WEBサイトを制作することに加え、

  • 長期的な検索エンジン対策
  • ソーシャルメディア連携手法
  • 記事の内容や書き方
  • 最新情報の提供

スマホクライシスというひとつのきっかけをチャンスに変え、皆様のWEBサイトが、今まで以上に価値のあるコンテンツとして、検索エンジンはもちろん、あなたのビジネスや情報を必要としている人たちにアクセスしていただけるように、少しでもお役に立てば幸いです。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena