「スマホクライシス」を生き残るホームページとは?

Googleの検索結果はこれまで「パソコン」用「スマホ」用という区別がなく、どちらも同じ検索順位で表示されてきました。

しかし、ホームページ閲覧の半数以上がスマホ空のアクセスになった今、検索エンジンもいよいよスマホでの検索に本腰を入れはじめ、「モバイルフレンドリー」、つまり、スマホ専用の表示をするページと、従来のままパソコン用の表示しか用意していないページの検索順位を、それぞれべつにすると宣言しました。

これが意味するのは、「パソコン表示だけにしか対応していないページは、スマホで検索されると順位が落ちる」ということ。

モバイルフレンドリーによる検索順位の変動は、スマホ対応していないWEBページの表示順位が徐々に、あるいは急激に落ちてしまうのです。

スマホから検索すると、このようにスマホ対応しているかどうかは、一目瞭然でわかるようになっています。検索結果の一覧にモバイルフレンドリー二号介したサイトのみ「スマホ対応」と表示されていることはお気づきですか?つまり、GoogleはあなたのWEBページがスマホに対応しているのかどうかを、既に把握しているんですね。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena