WordPressスクール選択のポイント

WordPressを学ぶ方法はいくつもあります。
もちろん筆者の著書「はじめてのWordPress入門」一冊で、必要最低限のWordPressコンテンツをゼロから作り上げることも可能です。それを目的としてこの書籍を執筆しているのですから、それは当然のことですよね。
しかし実際に自分のホームページを、自分に合わせてカスタマイズや運用管理、そして集客やSEOのための施策を行うためには、さらにワンステップ上がったスキルが必要となります。
実はこの手の内容の書籍はあまりなく、筆者の著書が「一般ユーザー」に向けたWordPress書籍として企画した初めての書籍だったこともあり、そのステップアップ編も実は販売されているのですが、こちらも少し前の本となってしまっているため、書籍だけで自分なりにカスタマイズしていくのは少し難しくなってきています。
やはりそれぞれのホームページに合わせたカスタマイズは、汎用的な内容ではなくなるのである程度個別対応が必要となるのですね。
そこでお勧めしたいのがWordPressのスクール、あるいは講座です。それも、一方通行のeラーニングではなく、きちんとした講師が個別に指導してくれる内容のものです。
はじめにお断りしていますが、タイトルでは「選択のポイント」となっていますが、実は筆者もスクールを不定期で開催しています。そのため「なんだ自分のセールスかよ」と取られてしまうかもしれませんが、あくまで客観的にオススメな内容を紹介していこうと思います。
150415342006_TP_V
ということで、どんなスクールを受ければいいのか。

多人数のWordPressスクールは避けるべき

ひとつは、あまり多人数でのスクールは避けたほうが無難です。簡単にホームページを作成できるWordPressとはいえ、多人数のスクールとなると参加者のパソコンスキルはまちまちです。もし途中で落ちこぼれてしまうと、進行の都合上多人数ですとそのまま置いてけぼりになってしまいます。いったん置いてけぼりになってしまうと、挽回するのは至難の技。
筆者も参加費用を安く抑えるために多人数スクールも検討しましたが、そのような理由でやめました。実際筆者のレッスンを受けに来られた方も、以前数万円をかけて多人数のスクールを受講したが結局何もわからずに終わってしまった。さらに、その後わからないと質問しに行ったら、数十万の教材を買えばサポートすると言われ諦めた、というお話を、それはないよねえ、などと言いながらお聞きしました。
数万円のスクール受けてその後に数十万円のバックエンド商品があるってのも、ある意味見習わなければならない図太さですよね。(もちろん皮肉です)
ですから、筆者のレッスンは原則マンツーマンです。しかし状況によっては、3名程度で同時にレッスンする場合もあります。3名程度でしたら一度にレッスンできるというのは体験上わかっているからです。受けられる側の方も一人よりも少数の仲間がいたほうが、比較したり、参加者同士で相談したりといったメリットもあるようです。しかし、誰かが落ちこぼれて、それをフォローできないようなスクールは問題があると言えるでしょう。

サポートはあるのか

先ほどの悪い例のもう一つの問題は、スクール後のサポートが高額の教材だったということにあります。ここも事前にチェックしておくポイントでしょう。永久無料サポートというのはよほど高額でないと主催者側も提供しにくいものですが、受ける側としてはせっかくお金を出して参加したのだから、自分のホームページを完成させたいというのが本音のはずです。
スクールの内容にもよりますが、そのスクールを受けることで、どこまでサポートが受けられるかもチェックしてみてください。受講が完了したらその後のサポートが一切ないのでは、出来上がった後のホームページの運用に支障をきたすはずです。完成できることは当たり前として、その後どのようにそれを活用していくかが実は一番大切なことですから。
ということで、ここでは
多人数は避ける
アフターフォローをチェックする
という2点を、WordPressスクール選択の際のチェックポイントとしてご説明しました。
もちろん皆さんが作るホームページやブログに合わせて、その条件は変わるかもしれませんが、基本的にこの2点は押さえておいたほうが間違いありません。

最後に、筆者のスクールのご紹介を。

初心者向けWordPress書籍の著者が自らご指導します。
WordPressの専門家って、結構マニアックな話が多くなるので、これまでのスクール実績、そして初心者向けに丁寧に書籍を執筆してきた経験から、皆様のホームページ、そしてコンテンツマーケティングの実施を確実にサポートできるものとなっています。
詳細はこちらからご覧ください。
原則的に地元の東海地方で実施しますが、全国対応も可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。
school

記事の執筆者プロフィール

原久鷹WordPress著者、講師、クリエイター
「はじめてのWordPress入門」著者。WordPressスクール、プライベートレッスン、コンテンツ制作コンサルティングなどで「自分で発信するコンテンツ」づくりをサポート。All AboutではLINEの使い方を定期連載。