WordPressでブログをやる際にSEO的にはどのテーマを使えばいいのかという問題

みなさんよく気になさるのが、「WordPress」ってSEOに強いらしいけれど、じゃあ、どのテーマを使えばさらにSEOが強くなるの?」という問題です。

(※余談ですがよくWordPressのテーマのことを「テンプレート」と呼ぶ方がいらっしゃいますが、一般的にWEBのひな形をテンプレートと呼びますが、WordPressの場合は呼称は「テーマ」です。)

これはもう一概になんとも即答しかねる話なのですが、個人的な見解としては「よっぽどおかしなテーマを使わなければ、その差は『微差』でしかない」と思うのです。

もちろんSEOを全く意識しないテーマはまずいです。

この例がいいか悪いかはありますが、例えば「h1」タグが入らないページがあるようなテーマは、SEO的には弱いかもしれません。

しかし、最近開発されたテーマであればそのほとんどが「SEOに強い」と歌っていて、実際そのような作りになっているようです。

有名ブロガーでもデフォルトテーマを使っていたりする

とある有名ブロガーさんも、WordPressでサイト運営しているころ(最近違うシステムに引っ越してしまったみたいですが。別にそれはWordPressがどうこうでなく、新しい仕組みにチャレンジされたかったみたいです)

ですから、SEOとテーマというのは、実はそんなに大きく関係がなかったりします。もちろん、細かい仕様の違いによりテーマを変えて検索順位が変わるということはあるでしょう。しかしそれが画期的に上がったり、あるいは下がったり(古いテーマやマイナーなテーマを使っていると状況は違いますが)ということは、基本的にはないはずです。

screenshot

純正テーマTwenty SixteenもSEOという観点から見れば十分実用的なテーマといえる。テーマ選択は機能性、デザイン性から追っても良いだろう。

 

見た目やイメージに合わせてテーマを選択すれば良い

テーマはサイトのデザインと機能を決定づけるものです。見た目やカスタマイズ性で、自分のサイトのイメージにあったテーマを選択してしまえばいいでしょう。

あるいはどこにウィジェットが入るのか、など機能性からチョイスするのも一つの方法です。あとはフロントページを投稿順にした場合に、どんな仕掛けをウィジェットで入れられるかというのは、割と大切な要素です。

ページやビジネスの紹介、お問い合わせ、メルマガ登録などの要素を各ページの見やすい位置に配置できるテーマが、使い勝手の良いテーマです。先ほどの有名ブロガーさんのようにデフォルトのTwentyシリーズを使うのだって一つの手です。純正テーマですから一番無難にSEOに効くと考えることもできますから。

機能性の高いテーマは、いろいろなスクリプトが動いている場合が多く、その点に関してはSEO的には不利ということもできます。

テーマよりもまず基本施策をしっかりと

テーマでSEOを意識するよりも、WordPressサイトの基本的なSEO施策をきちんとする方が、よほど効果的です。

その辺りの話は、拙著
はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

にも書いています。今回の改訂版の中で、最も内容が変わったのがこのSEOに関するパートです。ややテキストが多めのパートになりますが、ここをしっかり読んでいただき、実行することで確実に現在の検索順位を上げることができるようになるはずです。

もちろんテーマの選択もある程度はSEOに影響しますから、基本施策やサイトタイトル、記事タイトル、そしてSEOのためのプラグイン設定、Googleサーチコンソールなどをきっちり設定してから、テーマを変えてみてその変化をチェックしても良いでしょう。

書籍内では「STINGER5(現在は6)」、「Lightning」の二つのテーマにフィーチャーして手順を説明しています。まずはこの二つのテーマから、デザイン性、機能性を確認して選択し、当面のサイト運営をスタートしてみてはいかがでしょうか。

なと、当サイトは現在Lightningを若干カスタマイズした形で運用しています。このようなカスタマイズは初心者の方ではやや敷居が高いため、専門家に任せておいた方がトータルの、特に「時間的なコスト」は下がります。

もちろんこちらでもサイトのカスタマイズについてのご相談を承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Follow me!

記事の執筆者プロフィール

原久鷹WordPress著者、講師、クリエイターTwitter:@eagleprayer
「はじめてのWordPress入門」著者。WordPressスクール、プライベートレッスン、コンテンツ制作コンサルティングなどで「自分で発信するコンテンツ」づくりをサポート。All AboutではLINEの使い方を定期連載。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena