記事の執筆者情報を表示するプラグイン(VK Post Author Display)でコンテンツマーケティングっぽさを演出する

最近のコンテンツマーケティング「ブーム」によって、これまでとはコンテンツの表示方法のトレンドが注目されています。その中でも「使える」のが
「著者情報を記事ごとに表示し、その人が書いた関連記事も表示される」というパターンです。

著者情報をページに表示するプラグインの例

著者情報をページに表示するプラグインの例

これは複数の執筆者(ライター)が一つのサイトに寄稿する場合に使われる、コンテンツマーケティングサイト、あるいはキュレーションサイト、ポータルサイトなどでよく見られる手法で、書いた人の情報が一目で分かるのと同時に、気に入った記事であればその人が描いた他の記事も読みたくなるといった心理から、ページビューを伸ばすことができる有効な手段といえます。

WordPressであればこのトレンドをプラグインによって簡単に利用できるようになります。

VK Post Author Displayをインストールする

今回ご紹介するのは「VK Post Author Display」。この名前を見てピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、開発者は今回書籍でもフィーチャーした、Lightning(テーマ)や「VK All in One Expansion Unit」(プラグイン)を開発している石川さん。初盤の中でもかなりのページを割いて紹介している「Bizvektor」(テーマ)も石川さんの手によるものです。

さて、プラグインのインストール方は書籍でも紹介していますので手馴れたものだと思います。VK Post Author DisplayもWordPressの公式ディレクトリに登録されていますから「プラグイン」→「新規追加」で検索してインストール可能です。

表示する内容をユーザー→あなたのプロフィールで設定する

VK Post Author Displayはインストールだけで動作するプラグインではありません。当然ですが著者情報を編集し、表示する位置などを決めなければなりません。
はじめに設定するのが著者情報です。これはプラグインの設定画面ではなく「ユーザー」画面で行います。右メニューの「ユーザー」→「あなたのプロフィール」をクリックしてください。
ここにある自分の各種プロフィール設定が、記事ページに表示されるようになります。
反映されるのは「ブログ上の表示名(必要に応じてニックネームの変更をしてください)「Caption(Post Author Display)」(役職や肩書きなどを設定すると良いでしょう)「Twitter(Post Author Display)」(ツイッターアカウントを入力しておきます)「プロフィール情報」(自己紹介文など)の4つの項目です。
この画面で以上の内容を設定したら「プロフィールを更新」ボタンをクリックして設定内容を保存します。

プロフィール写真を設定する

VK Post Author Displayに設定する自分のプロフィール写真は、プラグインの設定ではなくGravatar「https://ja.gravatar.com」という「アバター作成サービス」で登録します。このアドレスにアクセスし、Jetpack利用時に作成した「WordPress.com」アカウントでログインするか、「Gravatarを作成」ボタンをクリックしてWordPressアカウントで利用しているメールアドレスとユーザー名でアカウントを作成します。
ログインできたら上部のメニューで「マイGravatar」を選択し、「ここをクリックして追加してください !」をクリック。「Upload New」でアップロードした写真が、プロフィール写真として表示されます。

Gravatar_-_グローバルに認識されるアバター__Globally_Recognized_Avatars_

プラグインの設定

最後にプラグインの設定です。VK Post Author Displayをインストールするとダッシュボードの「設定」に「Post Author Display」という項目が追加されますのでこれをクリック。
[ Set your image (Gravatar) ]は先ほど写真を登録の登録サービス、(これをクリックすると英語版のページが開きますので先ほどの日本語リンクからの方が日本人にはわかりやすいはずです) [Set your display name,twitter,caption,description ]は、あなたのプロフィールで設定済みです。
Author Profile -> にはプロフィール画面に表示される「この記事を書いた人」に相当するタイトルが表示されますので、「この記事を書いた人」に相当する見出しを入力。同様にLatest entries ->には「この著者の最近の記事」などと入力しておけば良いでしょう。
「Display post thumbnail image」は関連記事のサムネル画像を表示するかどうかを設定でき、「hide」にすれば画像を隠せます。
プラグインで画像サイズが自動調整されますので、この機能をオンにする場合は「Use custom size thumbnails for thumbnails display?」を「Yes」に設定しておきましょう。ただしこの設定を変更する以前の投稿のサムネルサイズは自動調整されません。

設定の例

設定の例

これで記事下に記事を書いた人のプロフィールがかっこよく表示されるようになります。プロフィール画像はブラウザのキャッシュの都合ですぐに反映されない場合もありますので、写真が表示されない場合はしばらく待って確認するか、スマホで確認しなおしてみると良いでしょう。

たったこれだけで、随分と「コンテンツマーケティング」っぽい記事になりますので、ぜひ利用してみてください。

記事の執筆者プロフィール

原久鷹WordPress著者、講師、クリエイター
「はじめてのWordPress入門」著者。WordPressスクール、プライベートレッスン、コンテンツ制作コンサルティングなどで「自分で発信するコンテンツ」づくりをサポート。All AboutではLINEの使い方を定期連載。