著者が語る本書のコンセプト

ソーシャルメディア連携がきっかけ

もともとWordPressの書籍を企画するきっかけになったのは
はじめてのFacebook活用を執筆した際に
WodPressとの連携を解説したことでした。

WordPress自体は比較的初期からいろいろと利用していたのですが
ソーシャルメディア連携をするためのツールとして
WordPressが非常に優秀だったっため、
今度はソーシャルメディアの「ハブ」としてWordPressを活用する書籍というのを
企画しようとしていたのです。

その際にAmazonなどでWordPress関連の書籍を調べていると
そのほとんどが中級以上の解説本ばかりであることに気がつきました。
そこで思ったのは、実はWordPressこそ初心者向けの解説本が必要ではないか、ということでした。

そこで急遽企画を方向転換。
初心者が必ずつまずくHTMLやCSS,PHPといった「コード」の話をしないで
さらに、FTPなどの話もできるだけ排した
真の初心者向けのWordPress解説本を作ろうと思ったわけです。

実際現在のWordPressは、コードの知識なしでもある程度のコンテンツを作成でき、
ネットコンテンツの作成経験が無くても運用可能な使用となっています。

また、本編中でも紹介したテーマをある程度カスタマイズしたり
あるいはまったくカスタマイズなしで設定するだけでも
充分なホームページやブログを立ち上げることが可能です。

そういう話をしていると、Facebookなどで
「WordPressにチャレンジしたけれど、結局わからなかった」
という声をいくつか聞くようになりました。
まさに、想像通りのニーズがあったわけです。

そういった経緯で執筆、出版された本ですので
タイトルどおり「はじめての」方にも理解できるように
極力平易にWordPressを理解できるよう心がけています。
基本的にはWordPressのダッシュボードにログインして
書いてあるとおりに進めていけば、
使い方を学べるはずです。

テーマやプラグインをフルに活用するためには
FTPでの画像アップロードや、ショートコードといった概念も
理解しなければなりません。
ですが本書では極力そのような内容を避けて書いています。

まずは本書をお手にとって、「はじめに」を読んでいただければ、
この書籍が何を伝えようとしているかがわかるのではないかと思います。
(はじめに、っていつも気合い入れて書くのですがみなさん結構スルーしてしまいますよね・・・(^_^))

ですので、一定レベル以上の方からは
物足りない、という声が出るだろうことも想定しています。
そういった意味での怖さはあるのですが、
初心者の方の力になって、インターネットを使ったコミュニケーションや
情報発信のツールとして
難しい知識なしでWordPressを活用できるようになればと思っています。

Follow me!

記事の執筆者プロフィール

原久鷹WordPress著者、講師、クリエイターTwitter:@eagleprayer
「はじめてのWordPress入門」著者。WordPressスクール、プライベートレッスン、コンテンツ制作コンサルティングなどで「自分で発信するコンテンツ」づくりをサポート。All AboutではLINEの使い方を定期連載。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena