パララックスデザインでポートフォリオホームページをWordPressで作成

企業向けでなくてもホームページ向けに使えるテーマ

 

一般的な企業のホームページは、カッチリしたデザインのテーマを使って、カッチリとした見た目で作ります。

しかし、例えば個人ブランディングや、それに近いビジネススタイルの場合は

多少インパクトがあり、トップページに載せる情報を、テンポ良く見せたい場合があります。

これまでWordPressはまだそのような小洒落たデザインを使えるテーマが少なかったりしたのですが

HTML5を利用したテーマがかなり増えていて、さらに「パララックス」という「視覚差異」を利用した

動きのあるダイナミックなテーマがいくつか使える様になってきました。

 

個人ブランディングやコンサルタント、士業WordPressサイトにも向いています

 

ポートフォリオサイトとは、自分の実績や強みなどを1ページでスクロールして表示するサイトのことを指します。そのため、先ほど説明したパララックスデザインとは非常に相性が良いものとなっています。

WordPressでパララックスを試してみたいのであれば、「はじめてのWordPress入門[最新版]」でも簡単にご紹介している「Zerius」がオススメです。

zerius

ただしこのようなパララックス対応のテーマは、フロントページのコンテンツを「テーマオプション」や「カスタマイズ」で作るため、若干わかりにくいというデメリットもあります。設定さえ出来てしまえば、ブランディングのためのサイトとして、非常に効果的なものがつくれます。

特にコンサルタント業や士業の方のWordPressビジネスサイトに最適です。

パララックスサイトの特徴は見た目のインパクトもありますが、画面上に動きを加えることで特に注目してほしいポイントをアピールできたり、画面遷移がなくユーザーが離脱しにくいといったメリットもあります。また、一ページもののコンテンツをフロントページに持ってくることで、そのままランディングページとして利用することも可能です。

ブログ記事をSNSやSEOで見てもらい、最終的にランディングページとしてフロントページへと誘導するという導線を作れば、内部の構成としても良い形が出来上がるはずです。

 

カスタマイズレッスンも受付中

近々自分の個人サイトもこのようなパララックスのフロントページに改造しようと思いますので、またあらためてご紹介しますね。

パララックスサイトを自分で設定するのは少し大変とお思いでしたら、カスタマイズレッスンをオススメします。通常のプライベートレッスンはWordPressをゼロから立ち上げる内容をお教えしますが、カスタマイズレッスンはすでにみなさまが立ち上げているWordPressサイトを、つか方に合わせてテーマやプラグインの選定から、SEO設定まで一通り行うコースとなっています。

カスタマイズレッスンは半日35000円で承っていますので詳細はこちらからお問い合わせくださいね。

Follow me!

記事の執筆者プロフィール

原久鷹WordPress著者、講師、クリエイターTwitter:@eagleprayer
「はじめてのWordPress入門」著者。WordPressスクール、プライベートレッスン、コンテンツ制作コンサルティングなどで「自分で発信するコンテンツ」づくりをサポート。All AboutではLINEの使い方を定期連載。
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena