はじめてのWordPressリデザイン&カスタマイズを出版いたしました。

 

 

前作「はじめての簡単WordPress入門」の続編にあたる第二弾が発売となりました。

はじめてのWordPressリデザイン&カスタマイズ (BASIC MASTER SERIES)

ざっと目次を貼っておきます。

Chapter.1 WordPress を独自にカスタマイズするには

01 なぜWordPressにカスタマイズが必要なのか
02 WordPressの差別化のカギとなる「テーマ」とは?
03 WordPressの機能を拡張する「プラグイン」とは?

Chapter.2 ブログに最適なテーマを見付けよう

04 12のウィジェットエリアを設定できる「Cascade」
05 シンプルなデザインで投稿の画像をスライド表示できる「Leaf」
06シンプル&クリーンなデザインを使いたいなら「Silverclean Lite」
07 流行のフラットデザインと多機能オプションが魅力の「FLAT」
08 3カラムの情報量満載なブログを作成するなら「Karmela」
09 SEOに強いアフィリエイトブログを作るなら「Stinger3」
10 グリッドデザインでフレキシブルな表示ができる「Gridly」

Chapter.3 ホームページで使えるテーマを探してみよう

11 質の高いデザインが選択できる「smart057」
12 無料でビジネステーマを利用可能「会社案内向きデザインC1」
13 Broval OSS研究所の「aozora」で固定ページと投稿のメニューを分ける
14 会社案内としても利用できる「biz02」

Chapter.4 レスポンシブデザインであらゆるデバイスに対応

15 オリジナルテーマの素材としても利用される「WSC7」
16 フォトギャラリーサイトに最適なレスポンシブテーマ「Shotoku」
17 ミニマルデザインでモバイル対応も可能な「Renova」
18 シンプルかつ機能的なテーマ「BonPress」
19 画像や写真のポートフォリオのようなテーマ「sonorous」

Chapter.5 BizVektorの機能を徹底的に使いこなす

20 BizVektorのデザインと機能を理解する
21 BizVektorの基本設定を行う
22 ヘッダー画像にスライドショーを設定する
23 BizVektorでソーシャルメディアと簡単に連携する
24 子ページを一覧できる「子インデックスページ」を作成する
25 メニューを画像ファイルで表示する

Chapter.6 プラグインを使ってモバイル表示に最適化する

26 モバイル専用テーマとレスポンシブデザインの違い
27 純正プラグイン「Jetpack」のモバイルテーマを利用する
28 切り替えプラグインのスタンダード「WPtouch Mobile Plugin」
29 テーマをデバイスごとに切り替える「WPtap Mobile Detector」
30 メニューをわかりやすく表示する「WordPress PDA & iPhone」
31 詳細設定できるモバイルテーマ表示プラグイン「WordPress Mobile Pack」
32 外部サイトでモバイル表示に変換する「shutto」

Chapter.7 プラグインで WordPressの表示をカスタマイズする

33 投稿の画像を簡単にスライダー化して表示できる「iSlidex」
34 ヘッダー画像にスライダー機能を追加する「Easing Slider “Lite”」
35 カテゴリーごとにテーマを切り替える「GYS Themed Categories」
36 更新一覧を固定ページに表示する「What’s New Generator」
37 関連記事を記事下に表示させる「LinkWithin」
38 背景をアニメーション表示する「Site Background Slider」
39 カテゴリーの表示順位を切り替える「Category Order」
40 記事のアイキャッチ画像を自動生成する「Auto Post Thumbnail」
41 ウィジェットをページごとに切り替える「TS Custom Widgets」
42 画像をポップアップで拡大表示させる「jQuery Colorbox」

Chapter.8 外観をカスタマイズするプラグインを活用する

43 人気の「Contact form 7」に送信確認を追加する
44 動的な表組みを投稿に挿入できる「TablePress」
45 ページを静的ファイルにして表示を高速化する「WP Super Cache」
46 「SEO Friendly Images」で画像タグを自動生成
47 投稿編集で連続改行を可能にする「PS Disable Auto Formatting」
48 記事内にウィジェットをレイアウトできる「Page Builder」

Chapter.9 プラグインを活用してWordPress の機能を拡張する

49 自動でシステムを最新の状態にアップデートする「Automatic Updater」
50 コメントスパムを防止する数字認証プラグイン「Captcha」
51 管理画面の機能を制限できる「WP Admin UI Customize」
52 WordPressへのログインをプラグインでカスタマイズする
53 一歩進んだアクセス解析が必要なら「WP SlimStat」
54 テーマの安全性を自動的にチェックできる「AntiVirus」
55 「インポート/エクスポート」を使ってサイトをバックアップし復元する
56 WordPressのバグを事前にアップデートできる「Hotfix」

Chapter.10 WordPress 純正プラグインJetpack を活用する

57 Jetpackは何ができるプラグインなのか
58 WordPress純正のJetpackをインストールしアクティベートする
59 パブリサイズ共有でソーシャルメディアと連携する
60 WordPress.com 統計情報でアクセス統計情報を確認する
61 メール投稿を使ってメールから簡単に投稿を作成する
62 Jetpackでウィジェットの機能を拡張する
63 無限スクロールで投稿一覧を見やすく表示する
64 タイルギャラリーでギャラリー画像をタイル表示する

Chapter.11 テーマ編集でサイトデザインをカスタマイズする

65 WordPressテーマのカスタマイズでは何ができるのか
66 テーマファイルの構成と機能
67 テーマカスタマイズのための「子テーマ」を作成する
68 CSSのフォントを日本語フォントに変更する
69 新テーマ「Twenty Thirteen」をカスタマイズする

ということで、前作は基本的にサイトを立ち上げて、運用しはじめるところまでをサポートしていますが
今作はそのご自分なりのサイトにカスタマイズするためのポイントとなる
テーマとプラグインにフィーチャーしています。

もちろん前作と同様極力CSSやPHPのコードを触らずに
カスタマイズができるようになっています。

前作「はじめての簡単WordPress入門」以降、それまでなかったWordPressの初心者用解説書が
雨後の竹の子のように出版され、結構売れているようです。
WordPressへの道がこのようにたくさんの方法で拓かれるのは
「はじめての簡単WordPress入門」を執筆したわたしとしても
大変喜ばしいことととらえております。

新しい「はじめてのWordPressリデザイン&カスタマイズ」は
このような初心者本から、一歩進んだテクニックを学びたい方のために
最適な解説書となっていますので、是非中身を確認して
「これ!」と思ったらお買い求めくださいね。

あなたのWordPressサイトを一歩差がつくサイトに成長させてあげて下さい。

記事の執筆者プロフィール

原久鷹WordPress著者、講師、クリエイター
「はじめてのWordPress入門」著者。WordPressスクール、プライベートレッスン、コンテンツ制作コンサルティングなどで「自分で発信するコンテンツ」づくりをサポート。All AboutではLINEの使い方を定期連載。